三重県鈴鹿市のインテリアショップ Room+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具売。
room plus

Diningの最近のブログ記事

ご新築を機にダイニングをお探しだったK様。

ダイニングチェアはSEOTOを・・とRoom+にご来店いただきました。

掛け心地とデザインで人気のSEOTOは全国的にも、そしてRoom+でも非常に人気のチェアです。

ikwktg2.jpg一筆書きのような形でデザインされた脚から笠木に流れるシルエット。

板座でありながら、チェア全体の見た目の重量感を感じさせないデザイン。

そして座った時の腰当たり、座面のフィット感。

どれをとっても非常に良く出来たチェアです。

もちろん飛騨高山で造られているので、商品強度はもちろんアフターメンテナンスもしっかりとしています。

そしてこちらのチェアに侭のテーブルをセット。

ikwktg1.jpgテーブルサイズはW150×D90cmのゆったり4人掛けで造りました。

SEOTOのイスは若干横幅が広いので、4本脚のテーブルに収納できるかを心配されていましたが、脚間寸法を確認しキレイに収まりました。

そして天板の面形状はSEOTOのシャープさに合わせて、船底面で仕上げました。

ikwktg3.jpgもちろん木材や木部カラーも選べるのですが、建具関係がウェンジカラーで床がホワイトですので、モダンな印象のウォールナット系の締まったカラーをセレクトされました。

木材はすっきりとした印象が強いブナ材をセレクト。

最後にチェアの逆サイドにベンチをセットしました。

ホワイト&ウェンジカラーのお部屋に、すっきりとシャープなダイニングが収まり、モダンなダイニングが完成しました。

K様、このたびは誠にありがとうございました。

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・オーダーカーテン・ギャッベ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp/

ホワイトウッドのハイバックチェアとキッズチェアのバンビーニを納品してきました。

いつも御ひいきいただいているM様。

以前にソファやダイニングセットなどを納品させていただいたのですが、今回、追加でご注文いただきました。

最初はお二人での生活でしたので、チェアは2脚でご用意しましたが、家族が増えてきたので・・とご来店いただきました。

そして、先にご注文いただいたのが、お子様用のチェアバンビーニです。

tmdnmed1.jpg佐々木敏光氏がデザインした、木馬にもなるチェアとして有名なキッズチェアですが、おしゃれなデザインと大人まで使える強度面で非常に人気のチェアです。

本体木部と座面のカラーが選べるのですが、ダイニングテーブルに合わせて本体をナチュラルに、そして座面は挿し色のレッドでセレクトされました。

そしてもう1脚追加いただいたのが、ホワイトウッドのハイバックチェアです。

tmdnmed2.jpg今、なかなかハイバックチェアが存在しない中で、一際背が高く、インパクトがあるのがこちらのチェアです。

座ったときには首の辺りまで背もたれがくるほどの高さです。

もちろん背もたれの高さだけでなく、座面も広く、体をしっかりとサポートしてくれます。

座面カラーはすっきりとしたスカイブルーをセレクトされました。

tmdnmed3.jpg以前にお届けした日進木工のJテーブルに合わせて、全体的なナチュラルですっきりとしたダイニングが完成しました。

M様、このたびは誠にありがとうございました。

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・オーダーカーテン・ギャッベ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp/

木の枝の美しさを活かした『kinoe』が入荷しました。

実は1年ほど前から展示会では、参考出品という形で発表されていただのですが、ついに製品化されました。

三重県内ではRoom+だけの独占販売となります。

『kinoe』シリーズは、これまでチップ燃料などに利用される他は捨てられていた枝に着目した商品です。

木の枝には通常の木材にはない、特徴的なラインや幹を凝縮したような木目の美しさがあります。

このような素材の特徴を活かし、また価値のないものとして扱われていたものを家具として用いることで、持続性のある国産材の育成の新たな一歩になれば、というコンセプトで誕生しました。

こちらの『kinoe』シリーズのダイニングチェアはグッドデザイン賞およびWOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016のマッチング特別賞を受賞しています。

デザイナーはアトリエ灯のデザイナー貝山伊文紀氏、そして製造元は飛騨高山の飛騨産業になります。

まず先行して入荷したのはダイニングシリーズです。

kinoenk1.jpgkinoeシリーズは100%国産材を使用した商品で、国産のスギ、ヒノキ、ブナ、クリ材を使用しています。

天板は国産クリ材を使用し脚は国産ブナ材で造られています。

kinoenk2.jpg天板形状はオーバル型で展示サイズはW160×D85×H70cmとなっています。

他にサイズ違いでW140cmタイプもあります。

価格はW160cmタイプが158,000円(税別)、W140cmタイプが138,000円(税別)になります。

そしてチェアは丸い座面と木の枝が可愛いウィンザーチェアです。

kinoenk3.jpg笠木にはスギ・ヒノキの枝を使用し、座板には天板と同じくクリ材を使用、そしてスポークと脚はブナ材で造られています。

特徴のある丸い座面には、あえて丸い座繰りを施し、座ったときにおしりを包み込むような造りに考えられています。

笠木の枝は天然の枝を使用している為、1つとして同じ形のものがない、1点物になります。

価格はチェア1脚50,000円(税別)となります。

kinoenk4.jpgそして片側だけに背もたれのついた、アシンメトリーなデザインのベンチ。

デザインが非常に個性的で曲線と変形を絶妙な形で組み合わせた、独創性豊かなベンチです。

座面はピクルスのような形をしており、そこに木の枝の笠木をスポークでつないだ、なんともいえない可愛いデザインです。

画像では少しわかりにくいですが、脚は座面に突き出してから楔を打って固定した造りで、こちらも敢えてデザインとして活かしてあります。

こちらのベンチは屋外では使用できませんが、屋内の玄関ホールやリビングサイドでちょっと腰を掛けるベンチとして使用してもおしゃれな逸品です。

サイズはW105×D46.5×H81~83×SH42cmで価格は80,000円(税別)です。

kinoenk5.jpgkinoenk6.jpg笠木部分の枝は非常に表情が豊かで、展示のものでもそれぞれに表情が全く異なります。

非常に愛らしく個性的で趣のある逸品です。

kinoenk7.jpgこちらの『kinoe』シリーズのダイニングはRoom+本館1階に展示されています。

リビングアイテムはまだ受注をスタートしていないため、展示はまだですが、展示されたらまたご報告いたします。

画像で見る以上に実物は非常におしゃれで可愛い仕上がりになっています。

ぜひ一度ご覧ください。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

こちらの『kinoe』シリーズは特設サイトがこちらもご覧ください。↓

https://kitutuki.co.jp/kinoe/

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・オーダーカーテン・ギャッベ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp/

« 前のページ 1/194

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち<03>Diningカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは<02>ZEROです。

次のカテゴリは<04>飛騨の家具です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • ikwktg3.jpg
  • ikwktg2.jpg
  • ikwktg1.jpg
  • tmdnmed3.jpg
  • tmdnmed2.jpg
  • tmdnmed1.jpg
  • kwntsbits1.jpg
  • kinoenk7.jpg
  • kinoenk6.jpg
  • kinoenk5.jpg
  • kinoenk4.jpg
  • kinoenk3.jpg
  • kinoenk2.jpg
  • kinoenk1.jpg
  • nstmro3.jpg
  • nstmro2.jpg
  • nstmro1.jpg
  • kmntnkm2.jpg
  • kmntnkm1.jpg
  • hgaghg2.jpg