三重県鈴鹿市のインテリアショップ Room+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具売。
room plus

2013年5月アーカイブ

マスターウォールのモアレスソファ2P+3P&モアレスセンターテーブル、ダイニング、ベッドを納品してきました。

吹き抜け天井の広々としたリビングに2人掛けと3人掛けのソファがゆったりと収まりました。

mskinm1.jpg

ソファを壁付けでは無く、お部屋の中心に配置されるI様はソファの全体フォルム、バックフォルムを活かしたこちらのソファをセレクトされました。

FASランクのウォールナットを使用したマスターウォールシリーズは何と言っても木目が非常にきれいです。

I様邸ではバックフォルムが見える配置ですので、なおさら後ろ姿は重要です。

モアレスソファは背面がウォールナットの1本通しをハギ材で合わせているので、木目が右から左に通ったキレイなフォルムです。

mskinm2.jpg

そして、座面はクロムフリー革のブラックでシックにまとめました。

 

3人掛けソファの後ろにはゆったりW180cmのこちらは色を変えてナチュラルカラーのオーク無垢ダイニングを納品させていただきました。

モアレスソファ同様に力強いデザインの角面仕上げです。

そちらの天板に口型のダーク色の脚を合わせました。

足元がダークになることにより床とのカラーリングのつながりが出て、すっきり収まります。

mskinm3.jpg

ダイニングからテレビを見る時でもソファの背もたれが高過ぎないので視界を遮らないのも、モアレスソファの良いところです。

ダイニング側からの画像がこちら

mskinm4.jpg

ソファのバックが綺麗に見え、モアレスセンターテーブルのディテールもおしゃれに映えています。

リビングダイニングが力強いストーレートラインの家具でまとまり、シックでシャープな印象のお部屋が完成しました。

I様、この度は誠にありがとうございました。

マスターウォール モアレスソファの詳細はこちらから↓

http://www.e-roomplus.jp/ec/html/products/detail.php?product_id=222

 

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・ギャッべ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp

roomplus-top14.jpg

 

ウォールナットとナラのコンビカラーテレビボードとウォールナットのサイドボードを納品してきました。

壁面部分の家具をキレイに整理されるということでテレビボードとサイドボードをお探しだったT様はまずはこちらのテレビボードを気に入っていただきました。

mzkstd1.jpg

ウォールナットとナラのツートンカラーで仕上げた珍しいカラーリングのシャープなデザインのテレビボードです。

天板はウォールナット無垢、前板はナラの無垢板で造られています。

そしてデッキ収納部分はブラックガラスで全体を引き締めた印象に仕上げてあります。

前板のルーバー部分はサイドまで流れるラインで造られており、サイド部分とは留めデザインで合わせてあります。

留めで合わせることにより木口を見せず、よりすっきりとした印象を与えます。

mzkstd2.jpg

全面部分は引出しになっており、さらには小分け出来るように可動式の仕切り板が入れてあります。

T様は長さ2m10cmタイプでご注文頂きましたので、デッキ収納部は4つ付いています。

mzkstd3.jpg

大型テレビに買い替えても十分対応可能な長さの無垢天板テレビボードです。

こちらのテレビボードの横にはウォールナットのサイドボードを納品させていただきました。

ウォールナットの無垢をふんだんに使用したおしゃれなデザインです。

mzkstd4.jpg

パッと見た感じは木材がブロックのように合わせたデザインになっていますが、全部開けると中の構造は以外と使いやすくなっています。

mzkstd5.jpg

三つのブロックに分かれており、左と右は開き扉、真ん中は4段の引出し構造になっています。

一見すると何かわかりませんが、逆に分からないのがこのサイドボードの良いところです。

サイドボードの中にはあまり見せたくないものを収納し、サイドボード本体は見る人に印象を与える。

木の質感溢れる、ちょっとおしゃれなサイドボードです。

mzkstd6.jpg

壁面が非常にすっきりとして、家具が引き立つ統一感のあるお部屋になりました。

T様、この度は誠にありがとうございました。

テレビボードの詳細はこちらから↓

http://www.e-roomplus.jp/ec/html/products/detail.php?product_id=202

 

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・ギャッべ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp

roomplus-top14.jpg

 

Sofa ZEROシリーズが永く大切に使える理由をご説明。

ウッドフレームモデルといわれるタイプの木枠にクッションが載せてあるタイプのソファはクッションの載せ替えがイメージしやすいですが、そうでないソファはどうなのだろうと思われる方も多いかと思います。

zeroure1.jpg

Sofa ZEROシリーズはウッドフレームモデルであってもファブリックモデルであってもアフターメンテナンスが出来るように造られています。

今回はMK-003モデルでご紹介します。

zeroure2.jpg

こちらはZEROシリーズの中でも一番人気のモデルです。

まずはカバーを外すと・・

zeroure3.jpg

こうなります。

向かって右だけを外してみました。

この画像見て気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、カバーを外した袖クッションが異様に大きくなっています。

ハンガリーのマザーグースの復元力はカバーを外すとより一層分かります。

3人掛けソファで約12kgものフェザーを使用しているので、カバーから解放してあげるとすごく膨らみます。

包まれるような掛け心地の秘密はここにもあります。

ちょっと余談でしたが、背クッションと座クッションの中にはウレタンが入っています。

背クッションはこんな感じです。

zeroure4.jpg

そして、座クッションはこんな感じです。

zeroure5.jpgSofa ZEROは他のソファに比べ耐久力が高く、掛け心地の良いウレタンを使用していると言っても、いずれはへたってきます。

その時にソファを捨てるのかウレタンを差し替えるだけなのかの違いです。

もちろん10年以上先の話です。

さらにはフェザーの復元力が衰えてきたら入れ替えも可能です。

一度買ったら永く大切に使える理由の一つがこのウレタン交換です。

もう一度カバーを付けると一度解放したフェザーがふっくらとして右と左の座クッション背クッションのボリュームが全然違います。

zeroure6.jpg

フェザータイプのソファはたまにはカバーを外して空気を入れてあげるとふっくらとした掛け心地に戻ります。

ご購入いただいた際にはぜひお試しください。

「有名メーカーのソファだから大丈夫」、「有名家具店で購入したから大丈夫」というのは何の根拠にもなりません。

大切なのは掛け心地、耐久性、メンテナンス性です。

まずは購入前に張り替えが可能か否か可能な場合はいくらなのか、メンテナンス性はどうかを確認してからぜひ購入してください。

Sofa ZEROは掛け心地、耐久性、メンテナンス性そしてデザイン性に優れたソファです。

Sofa ZEROの詳細はこちらから↓

http://www.e-roomplus.jp/zero.html

 

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・ギャッべ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp

 roomplus-top14.jpg

 

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ