三重県鈴鹿市のインテリアショップ Room+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具売。
room plus

2016年11月アーカイブ

古河林業様のモデルハウスへ飛騨高山のチェアを納品してきました。

いつも御ひいきいただいている古河林業様はお客様が触れられるところ、お客様が使われるところ・・ということで飛騨高山のチェアをセレクトされました。

2箇所のテーブルに合わせて・・ということでチェアを2種類合計8脚をウォールナットでお探しでした。

まずは口型脚のスチールテーブルに合わせてこちらのチェアを。

fkwrgs1.jpgこちらは飛騨高山のシラカワのチェアで背中のフィット感が抜群の少しモダンなイメージのチェアです。

fkwrgs2.jpgテーブルや脚のスクエアなストレートラインに合わせてシャープで細めのスッキリとしたチェアがキレイにマッチしています。

そしてもう1つは脚のデザインが変形のテーブルに同じくウォールナットのチェアを4脚合わせました。

fkwrgs3.jpgこちらはモニターが置いてあるので商談テーブルという感じは若干しますが、インテリアがお部屋全体を壊すようなことはしていません。

こちらのチェアも同じく飛騨高山のチェアです。

fkwrgs4.jpg先ほどのチェアとはまた、掛け心地が違い、背中と腰をダブルでサポートするタイプのチェアです。

背板の丸みは体の丸いラインを、そしてくの字に曲がった角度は腰から背中に掛けてのラインをサポートします。

どちらのチェアも品のあるデザインと質感でお部屋全体をキレイにまとめてくれています。

どちらのお部屋も床材がしっかり画像に写っていますが、床を活かすも殺すも家具次第だと思って皆様にご説明させていただいております。

もちろん、あくまで床は一例で、お家全体に言えることだと思います。

古河林業様のように家と同じように家具にも想いを込めて選んでいただけるとうれしいです。

古河林業様、このたびは誠にありがとうございました。

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・オーダーカーテン・ギャッベ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp/

ソファとデスクをあわせたスタイル、カウンターソファのカラメッラを納品してきました。

ejmity1.jpgお部屋の中心にソファを配置する予定だったI様はこちらのソファを大変気に入っていただきました。

こちらのソファはソファを中心にお部屋全体のコミュニケーションを考えたアイテムでソファに座りながらでもデスクで作業をしている人と会話ができる優れものです。

デスクの高さはLDダイニングぐらいの高さで設定されているので、通常のダイニングチェアを合わせても使える高さです。

ejmity2.jpgもちろん基本はソファですので座り心地は座面はしっかり、背面はしっとりとした包まれるような掛け心地です。

座面下はポケットコイル構造になっているのでコツッとした固めの仕上がりで、その表層部と背面にはフェザーがたっぷり入っています。

カバーはフルカバーリング仕様で取り外してクリーニング可能です。

今回I様はソファに座っているときにもパットやノートパソコンが出来るように人気にZ型のサイドテーブルも合わせました。

ejmity3.jpgこちらのカラメッラシリーズは節ありの材料を使用するため、テレビボードも節ありのオーク材でご用意させていただきました。

床はウォールナットですが、お部屋全体を明るくするということで家具全体をナチュラルで統一し全体にトーンを上げました。

ソファを中心にリビングで家族が楽しく団欒できる憩いの空間が完成しました。

I様、このたびは誠にありがとうございました。

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・オーダーカーテン・ギャッベ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp/

ハイバックとローバックの切り替えが出来るソファを納品してきました。

ダイニングとリビングの間、いわゆるお部屋の中心にソファを置かれる予定のY様。

店内のソファをいろいろと掛けていただいた中で、こちらのハイバック&ローバック切り替えタイプのソファを大変気に入っていただきました。

nsjymg1.jpgお部屋の中心にソファを配置するとなると、ウッドフレームソファをセレクトするケースが今までは多かったような気がします。

しかし、最近はY様のようにウッドフレーム以外のソファを選ぶ方がかなり増えてきました。

理由としては見た目よりも掛け心地を重視するとやはりソファ構造で造られているものとチェア構造で造られているものとの違いです。

最近は座り心地にこだわられる方が増えてきたので、違いがわかる方にはやはりウッドフレームでもソファ構造になっているもの。

そしてウッドフレーム以外のものはしっかりとしたソファスタイルのものをセレクトされる方が増えました。

こちらのソファも積層ウレタンタイプのもっちりとした掛け心地で、しかも背もたれの高さを切り替えられるのがうれしいポイントです。

ソファをお部屋の中心においても視界を遮らない、寛ぎのリビング空間が完成しました。

Y様、このたびは誠にありがとうございました。

三重鈴鹿のインテリアショップRoom+(ルームプラス)・家具・インテリア雑貨・飛騨の家具・オーダー家具・学習机・ランドセル・オーダーカーテン・ギャッベ販売   Webサイトはこちらから↓

www.e-roomplus.jp/

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • fkwrgs4.jpg
  • fkwrgs3.jpg
  • fkwrgs2.jpg
  • fkwrgs1.jpg
  • ejmity3.jpg
  • ejmity2.jpg
  • ejmity1.jpg
  • nsjymg1.jpg
  • isoks5.jpg
  • isoks4.jpg
  • isoks3.jpg
  • isoks2.jpg
  • isoks1.jpg
  • sothnn5.jpg
  • sothnn4.jpg
  • sothnn3.jpg
  • sothnn2.jpg
  • sothnn1.jpg
  • kmntaky5.jpg
  • kmntaky4.jpg